フローリング工事始まっていました

アトムカンパニーフローリング

フローリングが張り始められました。

雰囲気の好みから節ありフローリングを選びましたが、実際どれくらい節が入ってくるか?はロット次第ということだったのでドキドキでした。
フローリング施工前、現場に搬入されたフローリングを前に「節がどれくらい入っているか心配」と発言したらその場で現場監督さんがパッケージを1つ、2つ開けてくれました。出てくるフローリングはどれも上品な表情だったので歓喜!

でも「安心してると後からすごいヤツが出てきてびっくり、ということもありますよ!」と釘を刺されたので(笑)油断ならないぞ、まだまだ分からないぞ…と気を引き締めて(?)いましたが、そろそろ安心してもよい…でしょうか。

アルダー羽目板

天井の羽目板も室内側の作業が始まっていました。

家じゅうをあまりモクモクした(木の要素が多い、の意)空間にしたくなくて、素材選びの際には、木質感のある素材を使うのはここぞ!の場所だけと心掛けるようにしました。それでも天井と床のほかに本棚、洗面台とキッチンの扉、玄関扉もオークと十分に木質感たっぷりなので、モクモク注意報を出していなかったら家じゅうの素材が木になってしまっていたような気がします。

フローリングと羽目板の詳細はこちら

床材(フローリング)

羽目板(パネリング)

(最終更新:2018-11-05)
コメントを閉じる

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
Notify of
家づくり暮らしのモノこどもとの生活