カルデバイの浴槽選び

Tformに行ってきた


素敵水回り設備・金物を扱うTform(大洋金物)のショールームに行ってきました。お目当てはカルデバイのホーロー浴槽です。
在来工法バスルームにするなら浴槽は琺瑯  1)  しかし何度見ても琺瑯って蟷螂に似てるな。似てないか。    が良いな、と思っていました。ホーロー浴槽は主だったところで下記3社あたりが有名。このうち、鋳物ホーロー浴槽がダイワとタカラスタンダード。カルデバイは鋼板ホーローです。

鋳物ホーローと鋼板ホーローを比較すると、質感は圧倒的に鋳物ホーローの方が上ですが重量も上。我が家はバスルームが二階ということもあり、躯体への影響 2) とはいっても建築家氏は鋳物ホーロー浴槽で全く問題ない、と言い切っています と搬入費の問題 3) 重いから高くつくと恐れていたのだけれど、見積が出てみたら大して変わらなかった を考えて鋼板ホーローのカルデバイを第一候補にすることにしました。

カルデバイ Saniform Plus

出典:Tform

そして選んだのがこちら。定番中の超定番、カルデバイの代名詞ともいえるSaniform Plusです。
完成されたフォルムは文句のつけようがなく、お値段も20万円未満とお財布に優しい。ショールームで目にした瞬間、これを選ばない理由がない、という理由で決定です。

Saniform Plus JAPAN MODEL

と、実は浴槽選びはこれで終わってしまうのですが(え?)、あまりに実がない内容なのでもう少し。
Saniform PlusにはJAPAN MODELという日本仕様の深さがあるタイプがあって、日本国内ではこちらの方が人気があるようです。

JAPAN MODELはStandard Modelよりも7cm深くして肩までしっかり漬かれるようにしたタイプ。子供と一緒に入浴するといったシチュエーションではこちらの方がしっかり温まれるようにできているそうです。

ただ上の絵でもわかる通り、JAPAN MODELは浴槽の全長を変えずに肩をもたせかける部分の傾斜をきつくすることで深さを稼いでいるので、Standard Modelの特徴だった「ゆったりと寝そべる」が出来なくなります。
実際にショールームでStandard ModelとJAPAN MODELに寝そべって比べてみましたが、身長165cmの私が自然な感じで足をのばした状態でもたれかかるとJAPAN MODELは首の部分の傾斜が合わずに苦しく感じました。また深さが7cm増えたぶん、Standard Modelよりも圧迫感があるような…。(もっと身長がある人か、もたれて入らないなら問題ないと思います)

そんな理由から、我が家はStandard Modelにしました。
JAPAN MODELを検討されている方はショールームで一度試された方が良いと思います。

http://www.tform.jp/

Tformのショールームは南麻布の高級住宅街の中にあって、子連れ禁止・玄関はインターフォンを押さないと開けてもらえないなど、敷居が高い!ように思ったのですが、入ってみるととても感じのいいスタッフさんが案内してくださって楽しく商品選びが出来ました。その節はありがとうございました!

関連記事

レインシャワー造作バス

レインシャワーの位置をずらしてもらった話

引き渡しまで-(マイナス)7日。 先日、バスルームにレインシャワーがつきました。喜んでシャワーを浴びる真似をして浮かれていたところ、どうにもシャワー円盤の位置が壁に近い気がします。思い過ごしかと思ったけれど、何度試してみてもやっぱり近い。壁に対してプランクのポーズ(肘をついた腕立て伏せ)を取ってシャワーをあびる感じ。少し動くと腕の高さにあるハンドシャワーのヘッドに体がぶつかってしまうし、なんとも居心地が悪いのでした。 シャワーヘッドの設…

2 comments

Cera Tradingショールームに行ってきた

Tformと並んで、水回り設備といえば!のCera Trading。先日、行ってみました。 道路から中が見えるだけ、Tformよりは敷居が低く感じます(笑) ショールームの中には夢の世界が広がっています。 今回の目的は、バスルームのシャワー金具を探すこと。 我が家は造作バスルームの夢がかなったときからレインシャワーを導入しよう!と決めているのですが、最近多くみかけるハンドシャワーとレインシャワー(オーバーヘッドシャワー)、ウォールバー一…

コメントなし

Maristo(タイル)のショールームへ行ってきた

タイル・石材の「Maristo(マリスト)」 – 株式会社アベルコ ショールーム巡り、二か所目の目的地はタイルのショールームです。 Maristoは建築家氏から教えていただいたブランドで、タイルの種類は多くないものの、シンプルで嫌味のないデザインのタイルが多くて気に入りました。 ショールームは麻布十番が最寄り駅。山から下りてきた猿は気後れするほどのまぶしい大都会です。 見た目に反して案外リーズナブルなタイルが多くて、血眼で減…

コメントなし

カルデバイの浴槽選び

Tformに行ってきた 素敵水回り設備・金物を扱うTform(大洋金物)のショールームに行ってきました。お目当てはカルデバイのホーロー浴槽です。 在来工法バスルームにするなら浴槽は琺瑯  1)  しかし何度見ても琺瑯って蟷螂に似てるな。似てないか。    が良いな、と思っていました。ホーロー浴槽は主だったところで下記3社あたりが有名。このうち、鋳物ホーロー浴槽がダイワとタカラスタンダード。カルデバイは鋼板ホーローです。 カルデバイ ダイ…

コメントなし

在来工法バスルームとユニットバスの見積比較

あれやこれや悩みましたが、我が家は減額調整をかいくぐり、結局在来工法でバスルームを作ることになりました。 一度は在来浴室をすっぱり諦め、トクラス(旧ヤマハ)のシンプルなユニットバスで見積もりを取ったため、両方の見積もりが手元にあるので公開します。ご参考になれば幸いです。 ユニットバス:トクラスEvery 定価価格:¥1,200,000(設置費込) 工務店価格:約¥600,000(設置費込) カウンターも鏡もない、最もシンプルで在来工法バ…

コメントなし

References   [ + ]

1.  しかし何度見ても琺瑯って蟷螂に似てるな。似てないか。  
2. とはいっても建築家氏は鋳物ホーロー浴槽で全く問題ない、と言い切っています
3. 重いから高くつくと恐れていたのだけれど、見積が出てみたら大して変わらなかった

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)