ポーターズペイントショールームに行ってきた

DIYで雰囲気のある塗り壁を施工できることで人気の塗料、ポーターズペイントのショールームへ行ってきました。

ローラーではなく刷毛で塗るのが特徴のペンキで、素人でも刷毛目の美しい塗り壁が施工できます。有名建築家さんの設計物件でも採用されていたりして、以前から気になっていた建材です。

ペンキの種類

s-img_9015

ショールームの一面には、サンプルとして同色で仕上がり違いのペンキが塗り分けられていました。むかって左のドアの隣から3つ、STONE PAINT COARSE (ストーンペイントコース)、STONE PAINT FINE (ストーンペイントファイン)、EGGSHELL ACRYLIC (エッグシェルアクリリック)。ここまでがDIYでも施工できるペンキとのこと。

右半分はプロによる施工が必要な石灰系のペンキ。見た目の好みから、今回は左の3つ(DIY可能なペンキ)についてのみ話を聞いてきました。

STONE PAINT COARSE (ストーンペイントコース)

tx_spc_photo2-1出典:Porter’s Paint

石英が含まれていて、ざらざらとした風合いのある壁に仕上がるペンキ。我が家の本命です。
メリットはやはりこの手仕事感のある風合い。刷毛で塗るからこその仕上がり。光が当たった時に最も映えるのもこのペンキとのこと。
我が家では階段のある北側の壁に大開口からの光を当てて雰囲気を楽しみたいと考えているので、まさにこの「光が当たって美しい壁」を求めているのでした。

デメリットは手触りが荒いので、服がひっかかったり、肌が擦れると怪我をする(かも?)という点だそう。個人的には触ってみた感じそれほど気になるものではありませんでした。

STONE PAINT FINE (ストーンペイントファイン)

tx_spf1_photo2出典:Porter’s Paint

刷毛目はありながらも、つるりとエレガントな風合いのペンキ。マットな仕上がりでいわゆる「塗り壁」のイメージになります。

EGGSHELL ACRYLIC (エッグシェルアクリリック)

tx_egg1_photo2_1出典:Porter’s Paint

先のストーンペイントファインよりも艶のある仕上がり&手触りのペンキ。濡らした布で拭いてもOKなのはこのペンキだけだそうで、トイレや手洗い周りに塗りたい場合はこれがオススメとのこと(もちろんほかの場所にも可)。
つるりとしている分、ストーンペイントファインよりも明るい印象がありました。

色を選ぶ

ポーターズペイントの色は全部で288色。ベンジャミン・ムーアの3600色(!)には及びませんがそれでもかなりの数です。ニュアンスのある魅力的な色が多く、カラーカードを見ているだけで飽きません。

ショールームに行くまでは、モールテックスの真っ黒キッチンに合わせてリビングダイニングの壁はグレーがいいかな、と思っていました。ですがショールームのグレーの壁を見てもなんとなくしっくりきません。のっぺりしすぎていて、せっかくの刷毛目や石英の混じったざらざらとした陰影のある質感が表現できていない感じ。
これなら日塗工の色見本から選んだ普通のペンキをローラー施工するのと変わらないのでは??と思いました。

ポーターズペイントに期待しすぎたか…???と焦りましたが、「のっぺりしている」と感じたのはどうも色によるようです。
というのも、グレー以外の候補として考えていたPumiceのストーンペイントコースのサンプルを見せていただいたところ、かなりいい感じ。

s-img_9017

上の写真の、カラーカードの後ろに映っているのがサンプル。ざらざらとした質感がよく表現されています。Pumiceは緑がかった不思議な魅力のある色で、甘い印象がないクールなベージュです。

出典:Porter’s Paint GIFU

これはぜひストーンペイントコースで施工したい!と思わせる色でした。

s-img_9025

お願いするとA4サイズの厚紙に塗ったサンプルを2週間お借りできます。次の建築家建築家氏との打ち合わせに備えてお借りしてきたのは、写真上から以下の5色。

  • Aniseeds
  • Van Helsing
  • Elegance
  • Chocolate Torte
  • Pumice

うち、AniseedsとVan Helsing, Pumiceがストーンペイントコース。残りがファインです。

s-img_9033

写真ではわかりづらいですが、暗い色(ここではEleganceとPumice以外)は白く擦れたような跡がすぐついてしまい、そしてとても目立ちます。アクセントウォールを真っ黒に近い暗い色で塗りたい、と思っていた私にはこれも誤算でした。むむむむむ。

一方、考えてもいなかったElegance(名前からして視野外)は、名前から想像するよりもクールな印象を併せ持つ良い色。この色はストーンペイントファインのマットな仕上がりにぴったりでした。
総合して考えるに、ポーターズペイントで私のイメージ通りの仕上がりを求めるならば、暗い色よりも明るい色を選ぶべきのようです。

施工価格は?

ポーターズペイントでは色では値段が変わらないそうなので、ペンキの種類だけ決めれば見積もりが取れます。DIY施工でペンキだけを購入するなら値引き一切なしの明朗会計。ただし、ペンキを購入するためには塗り壁体験ワークショップに参加する必要があるそうです。
施工を依頼するなら設計担当または工務店さん経由での打ち合わせが必要とのこと。

我が家は施工面積が広いので、DIYではなく施工まで依頼する前提で見積もり依頼したところ、約340㎡で120万円(下地別)でした。

s-img_9019

壁紙に関する記事

内装材モイスという選択?(4)

内装材モイスという選択?(1) 内装材モイスという選択?(2) 内装材モイスという選択?(3) 横浜高島屋の韓国料理屋さんでモイスが使われていると聞いて、早速建築家氏を誘って行ってきました。 一部だけに使われているのかと …

内装材モイスという選択?(3)

内装材モイスという選択?(1) 内装材モイスという選択?(2) ビニクロとの比較 モイスの質感をビニクロと比較しました。 モイスを中央に、向かって右がサンゲツのTH-8736、左がTH-8737。どちらもほぼ真っ白に近い …

内装材モイスという選択?(2)

出典:新建築 内装材モイスという選択? モイスの実例 新建築 住宅特集2016年12月号で島田陽さん設計の住宅「諏訪山の住居」(↑の写真のお宅です)に使われていたことで知った、モイスという内装材。同じ島田さん設計の「月見 …

内装材:エコフリース

エコフリース 「塗り壁っぽい壁紙」を探し回る旅の中で見つけたのがエコフリースという商品。 水性塗料が濡れる壁紙です。 塗料下地になる壁紙、というアイテムは珍しくなくて、有名なところではルナファーザーやワンダーペーパーなど …

内装材モイスという選択?

新建築 住宅特集2016年12月号に、タト・アーキテクツの島田陽さん設計の住宅が掲載されていました。 鉄骨造のさっぱりとした3階建ての建物で、内装もすっきりシンプル。その建物の内装材がモイスと書かれていて興味を持ちました …

ポーターズペイントをあきらめて、壁紙を選ぶ話

内装仕上げ材として検討していたポーターズペイント、施工会社から見積もりが出ました。その額、120万円(下地別)。 あっさり予算オーバーです。 我が家は吹き抜け・スキップフロアとセルフペイントするには難易度が高いポイントが …

ポーターズペイントショールームに行ってきた

DIYで雰囲気のある塗り壁を施工できることで人気の塗料、ポーターズペイントのショールームへ行ってきました。 ローラーではなく刷毛で塗るのが特徴のペンキで、素人でも刷毛目の美しい塗り壁が施工できます。有名建築家さんの設計物 …

2016-11-04 by

1 のコメント

  1. ピンバック: ポーターズペイントをあきらめて、壁紙を選ぶ話 | 建築家と建てる・鎌倉で建てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)