ケイミューの内装材 SOLIDO type F coffee

ケイミューSOLIDO typeF

ケイミューといえば屋根材・外壁材・雨といメーカーで光触媒のサイディングなどで有名ですが、同社が昨年発売した内装材がカッコイイのでご紹介。

SOLIDO typeF Coffeeは着色塗装を行っていないセメント系窯業系内装材で、その名の通り使用済みのコーヒー豆(!)を配合した再生材料比率約60%の内装ボード。自然な色むらを特徴としていて、当然ながら1枚として同じ柄・色味のものはなし。素材本来の風合いを楽しむコンセプトとのこと。

ケイミューSOLIDO type F

サイズは15×455×3030mm、価格が¥4,570/㎡。施工は釘・ビスで留め付けで、角は小口を見せる仕様。素材の特性上水がかりへの施工は不可高温不可垂直壁限定と使い方はかなり限られていますが、風合いが美しくて高級感があるので、施工面積が小さくても存在感がありそうです。

写真出典(すべて):ケイミュー

 

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)