ディティール:階段

スチール階段

我が家の階段は一見するとただのスチール階段ですが、コスト削減のため、踏板の片側だけスチールで支え、壁に飲み込まれている反対側は木造になっています。

スチール階段のディティール

工事中の様子。

当初は両サイドスチールで作る予定だったのですが、段板含めて130万円という見積もり金額を前にあえなく撃沈。それでもスチール階段をあきらめきれない私のために建築家氏が設計上で工夫をしてくださり、結果としてこのような形になりました。我が家は約三階分の高さを手で荷揚げしなければいけないという事情がありましたが、それにしてもスチール階段の値段の高さにびっくりしました。

片側木造にした場合の見積もり金額は70万円。全部スチール製にした場合と見た目はほとんど変わりませんが、唯一の残念ポイントは階段を留めつけるために、この壁にはウレタン吹付断熱が施工できないとのことで羊毛に変更になったことでした。

スチール階段の裏側

階段の裏側に回ると、スチールの支えがつんつん突き出るような形になっていて、片側だけで支えているということがわかります。

スチールの支えが上の写真のように中途半端になっているのが嫌な場合は、段板でサンドイッチして表から見ても裏から見ても段板しか見えない仕上げにする手段もあると言われました。大工さんの手間は増えますが、裏側がよく見える位置に階段がある時にはその方がすっきり仕上がりそうです。

  • 段板:タモ集成材オイル塗装
  • 階段&手すり:スチール製 塗装(日塗工N-30)
関連記事
スチール階段

ディティール:階段

我が家の階段は一見するとただのスチール階段ですが、コスト削減のため、踏板の片側だけスチールで支え、壁に飲み込まれている反対側は木造になっています。 工事中の様子。 当初は両サイドスチールで作る予定だったのですが、段板含め …

吹き抜けから見上げる

吹き抜けとリビング階段

建坪が小さく日当たりが悪い条件の中で、いかにのびのびとした空間を作るか?という問題に対する建築家氏の解が吹き抜けとリビング階段でした。 もちろんこれだけが唯一の解ではないと思いますが、我が家的には大満足。階段好きにはたま …

ストリップ階段

階段が搬入された

今日は朝から職人さん方がわっせわっせと大物を運んでくれました。リビング階段のささら(と、手すり)。 設計初期の段階から希望して、イナズマ階段ではなくストレート階段にしてもらいました。 我が家の階段は完全なスチール製ではな …

階段の蹴上高を考える

我が家は二階建てで、階段はリビング階段になります。特に要望したわけではなく、間取りと面積の都合でこうなりました。 リビング階段はメリット・デメリットいろいろ言われているようですが、子供がグレない(かもしれない)や寒い(か …

2018-07-13 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)