吹き抜けとリビング階段

建坪が小さく日当たりが悪い条件の中で、いかにのびのびとした空間を作るか?という問題に対する建築家氏の解が吹き抜けとリビング階段でした。
もちろんこれだけが唯一の解ではないと思いますが、我が家的には大満足。階段好きにはたまらない空間になりました。

吹き抜けから見上げる
吹き抜けから見上げた景色。朝8時の風景です。清々しく気持ちの良い朝日。

リビング階段
変わってこちらは夜の一幕。階段からリビングを見下ろしたところ。

吹き抜けもリビング階段も、家づくりの中でよく話題にあがるもののひとつ(ふたつ)のように思います。いわく、開放感は得られるがプライバシーが守られないとか、明るさと引き換えに寒いとか。
まだ住んでいないので偉そうなことは言えませんが、今のところの印象では、だいだい言われているメリット・デメリットの通りなんだろうな、と思います。


でも、メリット・デメリットだけでは語れない深い魅力があるから空間は面白いです。

(最終更新:2018-10-08)
コメントを閉じる

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
Notify of
家づくり暮らしのモノこどもとの生活