内装工事が始まった

壁紙エッグパルプ内装

しばらく素人目には目立った変化がなかった我が家の現場ですが、クロス工事が始まって一気に動き出した感じです。一度はモイスや塗り壁を真剣に検討したものの結局減額調整の波にのまれてクロス仕上げになった我が家。
クロスが貼られるのを見て「お金さえあれば…」的な悲しい気持ちになるかと思いましたが、そんなこともなく、クロスが貼られると一気に家っぽいなぁなどとほくほくしています。単純な人間で良かった。

壁紙を選ぶ過程についてはこちら。

内装壁仕上げ材(壁紙)

壁紙エッグパルプ内装

クロスのアップ。触った感じもだいたい写真の見た目の通りです。ビニールクロスと違って砂壁っぽいざらっと感があります。内装選びの記事にも書きましたが、ビニールクロス特有のにおいがしないのが好ましい。

写真は早朝(5時過ぎ)に撮影したのでグレーっぽく映っていますが、実際は限りなく白です。ただアイボリーに偏った白ではなく、灰色の混じったパキっとした白なのでナチュラル系に傾きすぎないのが嬉しい。そしてクロス自体が若干薄いからか、出隅がまるーくならずに角が出てる感じに仕上がっているのが良かったです。生活していく中での汚れは付きやすそうですが、質感などは今のところ総じて満足しています。

幅木レスになったのも雰囲気が良い理由の1つです。正確には入り幅木ですが、目透かし幅3mmなので仰々しくなくてシンプル。

幅木問題

そんな我が家ですが、私から変更依頼した部分の施工が追い付かないこともあり、引き渡しが約3週間伸びて5月中旬になりました。
2015年7月ごろから真剣に家づくり計画を初めて2年9か月待ちましたから、竣工が1か月程度伸びたところで大差なし。のんびりと竣工を待ちたいと思います。

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)