リクシルのキッチン”リシェルPLAT”を見てきた

s-lixil_plat4

Lixilから新しく発表されたシステムキッチン、PLATを見にリクシルショールーム東京へ行ってきました。展示品は2つ、1つはダークな色合いのプリント面材と、明るい色の無垢材突板のバージョン。

リシェルPLAT

s-014

この写真のプリント板の方を見たとき、あからさまにプリントっぽく、好みに合わないと思ったのですが、意外や意外、ライトな色合いのプリント板がとてもよかったです。

s-021

↑この写真の右側(グループ1)がプリント、左側(グループ2)が無垢突板です。

わざと節のある荒っぽい木を模倣することで、プリントならでは表情の足りなさを補っています。実際に触ってみても、ざらざらとした質感を表現していてかなりの出来栄えでした。インダストリアル系ナチュラルインテリアを狙う人なら、無垢突板よりも、このプリント板の方が良いかも?と思えるほど。

lixil リシェルPLAT

こちらは二子玉川の蔦屋家電に展示されていたコーディネート例。使われているのは面材グループ1のプリント突板です。グリーンのタイルとの相性が良い!

ただ、やはり我が家のキッチン計画には合わない点があり、結局採用はしませんでした。

  1. 最大でもカウンター奥行が75cmしかない
  2. リビング側収納のオプションがない
  3. 取っ手の種類が選べない
    (ハンドルは面材のグレードそれぞれに1種類ずつしか用意されていません)

とはいえ、リビング収納とトータルでコーディネートできる商品ラインナップ、主張を感じるデザインなど、今までのシステムキッチンの殻を破ろうとする勢いを感じる、いい商品でした。

s-011

2016-07-03 by

2 のコメント

  1. ピンバック: Lixil リシェルPLATのコーディネート例@蔦屋家電 | 建築家と建てる・鎌倉で建てる

  2. ピンバック: キッチン家具化の流れ | 建築家と建てる・鎌倉で建てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)