BOOKレビュー:『オリビア』

作者はニューヨーカーの表紙などを担当したイラストレーター、イアン ファルコナー。日本語訳は谷川 俊太郎。

おしゃれでおしゃまなこぶたのオリビアの一日が描かれた絵本です。オリビアはクールでいわゆる「子供っぽい」キャラクターではないのに、限りなく子供らしくて愛らしい。読んでいて大人も子供もくすくす笑ってしまいます。

娘は読みながら「もうー、オリビアったらこんなことして!」などとお姉さんぶった口調でオリビアのはちゃめちゃな行動を笑っていますが、娘よ、オリビアはあなたにそっくりで、母はへとへとですよ。でもしょうがない。
「なんてったって愛してるからね」  1)  出典:イアン・ファルコナー(2001)『オリビア』あすなろ書房 

5歳の娘自身が読むのにちょうど良い量の文章なので、寝る前に好んで読んでいます。

オリビア

オリビア

イアン ファルコナー
1,404円(11/19 13:35時点)
発売日: 2001/11/01
Amazonの情報を掲載しています

References   [ + ]

1.   出典:イアン・ファルコナー(2001)『オリビア』あすなろ書房 
(最終更新:2018-11-05)
コメントを閉じる

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
Notify of
家づくり暮らしのモノこどもとの生活