BOOKレビュー:『じめんのうえとじめんのした』

ブックレビューじめんのうえとじめんのした

最近、娘(4歳)が気に入っている本。アーマ・E・ウェバー著の『じめんのうえとじめんのした』です。
文学作品ではなく、植物がどのように栄養を得ているか、動物と植物の決定的な違いはなにか、ということが書かれています。著者は植物学者で、文章だけでなく挿絵もウェバー氏によるもの。シンプルですが、ずばりとした語り口が心地よいです。

娘は「トムソンガゼルがかわいそうだから、ライオンは草を食べるべき」「羊を煮て食べるなんてかわいそう」と言いつつも、唐揚げが大好きでお寿司LOVEな自分の矛盾に一時期本気で悩んでいて、そもそも「なぜ自分はモノを食べないと生きていけないのか?」と考えていましたのでこの本はその理解の助けになる良書でした。

ところで、娘が本気で菜食主義を選択するなら全面的に協力するつもりでしたが、結局今のところ命を美味しくいただいています。
個人的には肉食主義も菜食主義も否定しないし、またクジラやイルカを食べる文化も(絶滅危惧種を食べてOKかどうかは別問題として)その文化圏外からああだこうだと文句を言う筋合いではないと思っています。ただ私がトシを取ったせいか、昔ほど肉・魚類を欲しなくなってきていて、我が家の食卓は基本野菜が中心で肉・魚類がテーブルにあがらないこともしばしば。そういう意味では、菜食主義者に転向したとしてもさほど食品的には劇的な変化は不要そうですが、とはいえ『あまり食べない』と『まったく食べない』の間にはきっと想像以上の違いがあるんでしょうね。

(最終更新:2018-10-23)
コメントを閉じる

4
Leave a Reply

2 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
グラ

本のレビューなど建築以外の記事も楽しく拝見させていただいています。
子供の本と思っていても良本一緒に楽しめていいですよね。

自分も行った直島や安藤忠雄展、妻の故郷が会津若松なので向瀧の記事など妙にシンクロする部分があり勝手に親近感を持って見ています。そして自分もビーチリゾートやホテル・旅館を巡るのが趣味です。

ちなみにSOLSO FARMも現在の住まいから近い事もあり行ったことがあります。SOLSO FARMでいただけるイムイェムのドライグリーンカレーが美味しいですよね。

想いのこもった素敵な家が建ちましたし、そろそろ外構や室内の観葉植物などお考えでしたらSOLSO FARMみたいにお洒落な枝ぶりの観葉植物ではありませんが、SOLSO FARM近くの梶が谷にあるワールドフラワーというお店がびっくりするくらい安くておすすめです。(鎌倉からはちょっと遠いですかね。。)基本持ち帰りのみですがその分、とても安く毎週いろいろな種類の植物が入荷するので良く見に行っています。よかったらぜひ。

Shiro

きっとすごく感受性の高い娘さんなんでしょうね。うちは5歳の娘と放し飼いにしている豚や鶏を見に行ったりしますが、豚かわいかったとか言いながらバクバク食べてます。。。本ご紹介で気になったのでポチりました。届くのが楽しみです。

家づくり暮らしのモノこどもとの生活