内装材モイスという選択?(3)

ビニクロとの比較

モイスの質感をビニクロと比較しました。
モイスを中央に、向かって右がサンゲツのTH-8736、左がTH-8737。どちらもほぼ真っ白に近いプロジェクター用のビニールクロスです。

テレビやはたきが映り込んでいてすみません(;´Д`)
朝9時の室内の様子。レンズはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8、いわゆるパンケーキレンズ使用で、撮影後の明るさ補正はしていません(我が家が暗いということが良くわかりますね…)

寄ったところ。ビニクロと比較すると、モイスの表面はざらざらとしていて黒や茶色のぶつぶつとしたものが混じっています。また縦方向にひっかいたような跡が見えます。

 

モイスの仕上がり表面については、かなり好みが判れる部分だと思いますが、モイスを採用する場合の最大の注意点は、目地のようです。

この点については上のblogがとても分かりやすいです。
モイスは基本的に突きつけ貼りでの施工になりますが、施工技術がなければ目違いが起きてみっともない、ということだそう。大きな壁になるとこの目地が目立ちやすいらしく、対策としては「気にしない」の1点のようです(笑)
我が家は窓が少ない=壁面積の大きい家なので、この点がどうかな?と躊躇する点。

横浜高島屋にある韓国料理店ではモイスが採用されているそうです。今度行ってみよう。

壁紙に関する記事

内装材モイスという選択?(4)

内装材モイスという選択?(1) 内装材モイスという選択?(2) 内装材モイスという選択?(3) 横浜高島屋の韓国料理屋さんでモイスが使われていると聞いて、早速建築家氏を誘って行ってきました。 一部だけに使われているのかと …

内装材モイスという選択?(3)

内装材モイスという選択?(1) 内装材モイスという選択?(2) ビニクロとの比較 モイスの質感をビニクロと比較しました。 モイスを中央に、向かって右がサンゲツのTH-8736、左がTH-8737。どちらもほぼ真っ白に近い …

内装材モイスという選択?(2)

出典:新建築 内装材モイスという選択? モイスの実例 新建築 住宅特集2016年12月号で島田陽さん設計の住宅「諏訪山の住居」(↑の写真のお宅です)に使われていたことで知った、モイスという内装材。同じ島田さん設計の「月見 …

内装材:エコフリース

エコフリース 「塗り壁っぽい壁紙」を探し回る旅の中で見つけたのがエコフリースという商品。 水性塗料が濡れる壁紙です。 塗料下地になる壁紙、というアイテムは珍しくなくて、有名なところではルナファーザーやワンダーペーパーなど …

内装材モイスという選択?

新建築 住宅特集2016年12月号に、タト・アーキテクツの島田陽さん設計の住宅が掲載されていました。 鉄骨造のさっぱりとした3階建ての建物で、内装もすっきりシンプル。その建物の内装材がモイスと書かれていて興味を持ちました …

ポーターズペイントをあきらめて、壁紙を選ぶ話

内装仕上げ材として検討していたポーターズペイント、施工会社から見積もりが出ました。その額、120万円(下地別)。 あっさり予算オーバーです。 我が家は吹き抜け・スキップフロアとセルフペイントするには難易度が高いポイントが …

ポーターズペイントショールームに行ってきた

DIYで雰囲気のある塗り壁を施工できることで人気の塗料、ポーターズペイントのショールームへ行ってきました。 ローラーではなく刷毛で塗るのが特徴のペンキで、素人でも刷毛目の美しい塗り壁が施工できます。有名建築家さんの設計物 …

2017-04-16 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)