天井羽目板について悩む話(3)

2F天井の化粧板について、まだまだ悩んでいます。

悩む話(2)で書いたデックスウッド、サンプルを見て「濃すぎるかな」と感じていたら、建築家氏からも「色が赤方向に濃すぎる」という物言いがはいり再々考になっています。

デックスウッド

デッキ材としては良さそうなのだけれど。
羽目板の候補はいろいろあがりましたが、耐久性に欠ける、見た目がコワイといったような理由で現在残っている候補はレッドシダーとピーラーのみ。

  • 候補1:ウェスタンレッドシダー(米杉)
  • 候補2:木毛セメント板
  • 候補3:フレキシブルボード
  • 候補4:シナ合板突きつけ貼り
  • 候補5:ヘムロック(米栂)
  • 候補6:ピーラー(米松)
  • 候補7:デックスウッド

でもピーラーは建築家氏が「和風っぽい」という理由で若干気に入らない様子なので、やはり最終的にはレッドシダーなのか・・・?という雰囲気が漂う中、降ってわいた新候補が

  • 候補8:ヒバ

です。ヒバといっても青森ヒバではなく米ヒバ。

ヒバ

写真はリブ(表面の波々加工)付きで、テーブルが無塗装、デッキが着色塗装だそうです。フローリングを採用予定のアトムカンパニーさんからご提案いただきました。

ヒバは腐朽菌耐性が強くシロアリにも強い樹種でお風呂やお寺などに使われているため、我が家のような湿度の高い虫の多い地域の軒天としてもOK。無垢だと白っぽすぎてオークフローリングと合わないので、(リブ加工なしで)控えめに着色塗装して色合わせをしたら良さそうです。お値段の問題さえクリアできれば採用か?

ピーラー

一方、「和風っぽい」と建築家氏に言われたピーラー。そうかなぁ?と思っていたところ、『住宅特集』でこちら↓のお宅で使われているのを知りました。

出典:Kidosaki Architects Studio

建築家城戸崎博隆さんの「横内邸」。軒天がピーラーだそうです。軽井沢の緑が映える控えめな色使いと大胆な構成が美しい住宅(別荘)です。

出典:Kidosaki Architects Studio

このお宅のフローリングは我が家と樹種が同じでオーク(メーカーはIOC)。
光の加減もあると思いますが床と対比させると軒天のピーラーの赤みが目立ちます。建築家氏の「和風っぽい」という言葉に納得。こうしてみると、オークって結構黄色いんだな。
我が家の場合はこのお宅と違って2Fの天井全部が羽目板になるので、床材との色合わせを考えてピーラーはあきらめることにしました。
レッドシダーと比較して金額が2倍だったので、そもそもピーラーから断られているんですけれども。

謎のピエロ

強がりか

参考図書はこちら。別荘特集なのでのびのびとした建物が多くて超好みでした。

関連記事

ウレタン吹付断熱

軒天に羽目板がはられていた

室内天井に先立って、バルコニーの軒天にアルダーの羽目板が張られていました。 さんざん悩んでたどり着いたアルダー+塗装という選択ですが、美しくて惚れ惚れします。 一度は減額に悩んでなくそうかと思った羽目板ですが、「羽目板を天井から外まで連続して張れるような物件ってそんなにないんですよ!!!」と、いつも温厚な建築家氏が珍しく熱くなっていらっしゃるのを見て、これはやっぱり採用せねば!!と踏ん張ってよかった…(感涙) 上の写真は断熱ウレタンの色…

コメントなし

アルダー

天井羽目板について悩む話(決定)

工事はいまだ止まったままですが(理由は謎)、悩んでいた天井羽目板をようやく決定しました。 天井羽目板について悩む話(1) 天井羽目板について悩む話(2) 天井羽目板について悩む話(3) アルダーに決定 出典:ニチカ 広葉樹で色目に差があまりない大人しめの表情の木です。雰囲気としてはカバやバーチに似ている感じ。無垢のままだと我が家のインテリアには白っぽすぎるのでオイル着色塗装をして使います。使用する塗料は以下。 外部(軒天)ノンロット2…

コメントなし

天井羽目板について悩む話(3)

2F天井の化粧板について、まだまだ悩んでいます。 天井羽目板について悩む話(1) 天井羽目板について悩む話(2) 悩む話(2)で書いたデックスウッド、サンプルを見て「濃すぎるかな」と感じていたら、建築家氏からも「色が赤方向に濃すぎる」という物言いがはいり再々考になっています。 デッキ材としては良さそうなのだけれど。 羽目板の候補はいろいろあがりましたが、耐久性に欠ける、見た目がコワイといったような理由で現在残っている候補はレッドシダーと…

4 comments

天井羽目板について悩む話(2)

2F天井の化粧板について、まだ悩んでいます。 第一候補はピーラーですが、価格がレッドシダーの倍だったので再考中。 そんな中、フローリングを購入予定のアトムカンパニーさんの商品に“デックスウッド”というものがあるのを知りました。サーモウッド加工された外装材で、デッキ材としてはもちろん、軒天・屋外ルーバーにも使えるとのこと。 サーモウッド加工された建材といえばエステックウッドが最も有名(だと思う)ですが、最近はエステックウッド以外にもいろい…

コメントなし

天井羽目板について悩む話(1)

我が家は片流れの勾配天井です。設計当初から、2Fの天井から軒天は同じ素材で統一感を出そう、と建築家氏と計画していました。 候補1:ウェスタンレッドシダー(米杉) 出典:木想商会 天井羽目板といえば、のウェスタンレッドシダー(米杉)。このランダムな色目が意匠性に富んだ美しい仕上がりになります。素材としても狂いが少なく、施工性が高い良い素材とのこと。 我が家も当初はウェスタンレッドシダーに決めていました。 でも、計画が進むにつれて、ウェスタ…

6 comments

(最終更新:2018-01-11)
コメントを閉じる

4
Leave a Reply

2 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
ワチチ(久しぶり)

ラワン合板www

工務店さんが反対するなら仕方なしですね(´・ω・`)

http://architecturephoto.net/40528/

わー軒天だけでなく天井全体を板張りにされるのですね~。
何と豪華な!
板張り天井ってそれだけで既に「別荘感」出る気がします。
ハイソな人々の週末住宅って感じで。

それにしてもラワン合板の場合の「こうなる図」、結構見かけます。
これはほかの箇所が綺麗でも、ここだけのせいで廃墟感あるいはあばら家感でちゃうので是非おやめくださいな。
でも竣工当時の写真はとっても綺麗で素敵ですねー。

家づくり暮らしのモノこどもとの生活