家づくりのために購入した本

建築知識2017年9月号


建築知識2017年9月号

「すっきり片づく家をつくるための収納設計術を一挙紹介! 」と銘打ってモノの収納から設計にアプローチした内容です。玄関収納、キッチン、家事室などの収納計画が図面&数字入りで多数紹介されているのもよかったし、個人的に気に入ったのは『今どき建築主の持ち物モジュール』として、下図のように家電や傘、靴、キッチン道具などの寸法が紹介されていること。

建築知識2017年9月号

自宅の収納計画をするにあたって、自分の持ち物のサイズをすべて測るのって案外手間なんですよね。またランドセルなど「今は手元にないけれど、将来子供が大きくなったら増えるもの」などのサイズも知ることができるし、何よりこれらのモノが実際に棚に納まったサイズについても図示されているので適切な収納庫のサイズを知ることができます。

基本設計が終わった後も、片づけの参考図書として役立ちました。オススメ。

建築知識2014年6月号


建築知識2014年6月号

建築知識2014年6月号「全部絵でわかる!今日からコストの達人」は、工務店さんと見積もり合戦をする前に読んでおくべき!!と強く勧めたい一冊です。発行年度が2014年なので情報が古いのでは?と思われると思いますが、物価(特に人件費)が上昇しているのでその点だけ考慮すればこれからの家づくりにまだまだ役に立つと思います。

2014年3月時点での工事価格を基準に、木造住宅の施工に必要な工事費を3次元イラストを多用して説明。松竹梅の3種類の仕様を用意し、仕様変更がどの工種の金額に影響するのかをイラスト付きで解説

我が家の場合は特に工務店さんと見積もりでモメにモメたので、この本を参考にすることで提出された見積もりのなかでどの部分が不当に高くどの部分が妥当なのか?の見当がつけられてよかったです。

CONTEXT

CONTEXT

Casa BRUTUS特別編集 完全保存版 美しい収納術


Casa BRUTUS特別編集 完全保存版 美しい収納術

Casa BRUTUS創刊200号記念号

Casa BRUTUS創刊200号記念号

Casa BRUTUS創刊200号記念号は買い。

住宅特集2016年9月号

新建築住宅特集2016年9月号 職住一体のススメ

ニコ設計室「中道さんの家」からみる、店舗併用住宅

I’m home.no.83 2016,September

I’m home.no.83 2016,September

今月号のI’m Homeは素材探しの参考書として良書だった

暮らしの空間デザイン手帖

暮らしの空間デザイン手帖

KINFOLK HOME

KINFOLK HOME

家づくりのために購入した本リスト2

建築知識2016年7月号

建築知識2016年7月号

建築知識2016年7月号

小さな家で楽しむスタイルのある暮らし

小さな家で楽しむスタイルのある暮らし

いつまでも快適に暮らす住まいのセオリー101

いつまでも快適に暮らす住まいのセオリー101

一生使える! 住宅の高さ寸法

一生使える! 住宅の高さ寸法

中村好文 普通の住宅、普通の別荘

中村好文 普通の住宅、普通の別荘

片づけの解剖図鑑

片づけの解剖図鑑

関連記事

安藤忠雄『住宅』

安藤忠雄展に行ったことをきっかけに著書が気になっていくつか購入しました。氏は公共事業や大規模案件をいくつも抱える世界的な建築家ですが、売れっ子建築家になってからも積極的に個人の住宅も設計しています。家づくりを通して建築に興味を持った私なので、表参道ヒルズや渋谷駅などはっとするような安藤的巨大空間も好きですが、やはり最も身近に感じるのは住宅について。この本はタイトル通り建築家安藤忠雄が手掛けた住宅がどのような思い/背景で作られたのかが本人…

コメントなし

Casa BRUTUS 『理想の家ベストサンプル』発売

このタイトルなら買わないわけにはいかない。 昨年あたりからインテリアスタイルの人気が変わってきたなと思います。「モデルハウスみたい」というのは誉め言葉でなくなり、〇〇スタイル(ex; 北欧、アジアン、カフェ)といった枠組みから「その人らしさが」がインテリアの主軸になったと感じます。試される人間力。凡人にはコワイ世界ですが、だからこそ覗き見してみたい! 本誌ではいわゆるお宅拝見的な章のほかに、『脇役から主役へ。家づくりを成功させるために考…

コメントなし

建築知識2017年9月号

建築知識『成功する収納設計術』は必読

建築知識はたまに読んでいるのですが、建築業界のプロでなければ毎号読むほどのこともないな…と思います。でも今回の「成功する収納設計術」は設計を終えている場合でも、いっそ入居後でも役に立つ号でしたので強くオススメ! 「すっきり片づく家をつくるための収納設計術を一挙紹介! 」と銘打ってモノの収納から設計にアプローチした内容です。玄関収納、キッチン、家事室などの収納計画が図面&数字入りで多数紹介されているのもよかったし、個人的に気に入ったのは『…

コメントなし

阿部勤さんの「中心のある家」

以前、素敵なキッチンのあるお宅として記事にした阿部勤さんのご自宅のをスケッチで紹介した本『中心のある家』が復刊ドットコムから復刊されていました。 復刊前のオリジナル版では副題が「くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本」とあったように易しい言葉でご自宅の「良さ」を語っていらっしゃって、かつてそこで暮らした一つの家族の愛と、その後お連れ合いをなくして一人で暮らす男性のほんの少しの寂しさと、それを包み込むたっぷりと茂る木々の優…

4 comments

木造住宅パーフェクト詳細図面

最近出会った本の中でのお気に入りがこちら。 丸山弾建築設計事務所主宰の丸山弾さんによる、図面集です。 私が丸山弾さんの名前を知ったきっかけは、「那須の家」でした。 Houzz_丸山弾建築設計事務所 – Houzz_丸山弾建築設計事務所 – この静謐な空気の漂う空間。必要なものはすべてそろっていて、かつ不必要なものが一切ない、デザインをしていないデザイン。堀部安嗣さんに共通するものがあるな、と思っていたら、丸山さん…

2 comments

家づくりのために購入した本リスト2

暮らしの空間デザイン手帖 図書館で借りて、気に入ったので購入。この本の良さはインテリア雑誌とは違い、↓のように建物の断面図と天井高や窓サイズなどの数字が掲載されていること、また各仕上げ材(外壁はリシン吹き付け、天井はAEP塗装など)について詳しく説明してあること。 視覚的にわかりやすいですし、何より家づくりに直截的に参考になります。 MDS一級建築士事務所の施工実績31例を「○○の家」として1軒ごと紹介するのではなく、テーマごに建物の特…

コメントなし

家づくりのために購入した本リスト

小さな家で楽しむスタイルのある暮らし 小さな家で楽しむスタイルのある暮らし 先に「イメージ固めにもっとも参考になった本」として記事にした本。下記の実用系の本2種類や中村好文さんの本に比べると文章はとても少ないです。 でもそこに住まわれている人の生活感が伝わってくる写真が多く、また間取り図もちゃんと載っているので、casa BRUTUSやELLE Decoのように、ため息をつきながら眺めておしまいになる本ではなく、家づくりをするための参考…

1件のコメント