黒姫高原スノーパークでシーズン最後を楽しむ

黒姫高原スノーパーク
2017-2018スキーシーズン最後に黒姫高原スノーパークに3泊で行ってきました。生粋のスキーヤーなのでスノーボーダー推しのゲレンデにはあまり行かないようにしていたのですが、黒姫高原はフリーライドパークを有しているわりにはスキーヤー率も高く、緩斜面の幅広バーンなので子供に易しくてファミリースキーヤーでも楽しめる良い場所でした。
特にファミリーゲレンデはそりを持ってリフト乗車OK(スキー・スノボを履いていなくて良い),スノースクートやスノーストライダーもOKと、雪遊び勢にも嬉しいルールでした。
全体的に上級者には物足りないかもしれませんが、子供が小さかったり、お友達家族と行くには良い場所でした。来年は保育園友達を誘っていきたい。

スキーに行くときは毎回コンドミニアムか貸別荘など、キッチン付きの設備を探して行っています。
子連れの酒飲みとしてはホテルって逆に不便なので圧倒的に自炊派なのですが、ゲレンデサイドにペンションは山ほどあっても、コンドミニアムって本当に数少なくて、毎回宿探しに苦労しています(涙)が、今回は偶然良いコテージを見つけられて、4日間のんびりと薪ストーブまで楽しんできました。

薪ストーブの前で飲むGallo(ガーヨ)は最高。
グアテマラのビールなのですが、個人的にプレモルより断然美味しいと思います。どうして日本で輸入販売されないんだろう??

楽しい思い出だけでシーズン最後を締めくくった…と言えたら最高だったのですが、最悪なエピソードは私が車の鍵(スマートキー)を落としたこと…。ウェアの内ポケット(入れ口がゴムになっていて、中身が飛び出さないようになっている)に入れておいたはずなのに、さあ宿に戻ろう!というときになって、鍵がないことに気づきました。

さんざん探し回りましたが見つからず。インフォメーションセンターにも届いておらず。
このままでは帰宅できないので慌てて実家に連絡して合鍵を宅急便で送ってもらいました。
最近の宅急便はすごいですね!クロネコヤマト宅急便タイムサービスだと、前日17:00までに発送すると翌朝10:00までに届けてくれるとのこと。無事、帰宅日の9:30に届きました。

今回の場合は合鍵を実家に預けていたのでセーフでしたが、合鍵がない場合はどうやって帰ってくれば良かったのか?
確認できた限りの対処方法は以下のようです。

  1. ロードサービスに連絡して車をレッカーしてもらい、最寄りのディーラーへ持ち込む
  2. ディーラーにスマートキーの複製を依頼(約2週間要)
  3. 自分たちはレンタカー/代車、公共交通機関で帰宅(荷物を持っていけない場合は宅急便)
  4. 合鍵が完成したら、車を取りに行く

おおおそそそそろろろしししいいいい…。
皆様もどうか車のカギは無くさないようにお気をつけを!

上信越道信濃町ICから5km。家族みんなで楽しめるスキー場といえばここ!

(最終更新:2018-11-02)
コメントを閉じる

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  Subscribe  
Notify of
家づくり暮らしのモノこどもとの生活