床下断熱材の追加施工(3)

玄関土間の断熱材施工の話の続き。
削り取ったウレタンに代わり、スタイロフォームが綺麗に組まれていました。土間床からある程度嵩上げしたうえでウレタンが敷かれています。
断熱欠損の件はこれで解決です。追加施工してほしいとお願いしたらすぐに対応してもらえたので良かった…。

以前の給排水管のやり直しの際もそうでしたが、「希望/見積内容と違う」と説明するとすぐにやり直してもらえるのは有難いです。

床下断熱材の追加施工(3)

玄関土間の断熱材施工の話の続き。 削り取ったウレタンに代わり、スタイロフォームが綺麗に組まれていました。土間床からある程度嵩上げしたうえでウレタンが敷かれています。 断熱欠損の件はこれで解決です。追加施工してほしいとお願いしたらすぐに対応してもらえたので良かった…。 以前の給排水管のやり直しの際もそうでしたが、「希望/見積内容と違う」と説明するとすぐにやり直してもらえるのは有難いです。

コメントなし

床下断熱材の追加施工(2)

玄関土間の断熱が欠損しているまま工事が進められようとしていた件、建築家氏から現場監督に追加施工を指示してもらいました。 すでに削り取ってしまった吹付ウレタンの断熱材はどうしようもないので、基礎立ち上がり部分にスタイロフォームを張ることになります。現場での施工のしやすさを考えて、建築家氏から「玄関土間のレベルを、1F床レベル-200mmから-175mmに上げる(玄関土間と1F床の段差が少なくなる)」ことを提案されました。 [twenty2…

2 comments

スタイロフォーム3種B

床下断熱材の追加施工

先日の工事で断熱材が吹き付けられていなかった謎の空間に断熱材が入りました。 [twenty20 img1=”5540″ img2=”5542″ offset=”0.5″] スライダーを動かすとbeforeとAfterが見られます 基礎立ち上がりにスタイロフォーム。何故吹付断熱しなかったのか?は謎ですが、リカバーしてもらえただけでも良かったです。 しかしながら、上の写…

4 comments

床下断熱材

床下断熱材施工

年末に床下の断熱材が施工されました。当初は一般的なスタイロフォーム敷き込みを予定していましたが、施工性と断熱性能のUPをもくろんでのウレタン吹付断熱。RC造についての造詣が深い建築家氏からの提案です。 壁内の断熱材の吹付断熱施工はメジャーですが、木造建築で床下の吹付断熱はわりと珍しいでしょうか。シューッと吹き付けられた断熱材がもこもこと膨らんで固まっていく姿を見たくてわくわくしていましたが、職人さんたちがものものしいマスクを装着している…

2 comments

(最終更新:2018-05-31)

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)