工事は着々と進行中

昨日は恒例になった日曜日の現場忍び込み。たくさんの薄い杉板が運び込まれ、外壁の透湿・防水シートも用意されていたのでそろそろ外壁工事に入るようです。

窓サッシ枠の防水処理。この上から透湿・防水シートを貼り、胴縁を貼り、通気を確保したうえで外壁を貼っていくことになります。

電気工事も始まっていました。

ところでこの電気工事、施工契約前に図面上でコンセント・スイッチ位置の確認はしていましたが、実際の工事の前に現地で立合確認できると信じていたので深くチェックしていなかったらまさかの現地確認なしでの工事スタート。
慌てて図面チェックして、まんまと数カ所変更をお願いする羽目に…。電気屋さんにも現場監督さんにも若干嫌がられました。すみません。コンセント位置の立会確認って必ずあるものだと信じていました。

設計中にしっかり考えているつもりでも、後になって「あ!ここ左右逆のほうがいい!」と思う場合もあるので、上棟後あたりのタイミングで「コンセント位置っていつまでだったら追加・変更できるのか?」は念のため確認したほうが良いかもしれません。

 

2018-01-29 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)