キッチンの面材決定

悩んでいたキッチンの面材は突板ランダム貼りで決定しました。

突板ランダム貼り

出典:フリーハンドイマイ

この写真のように、何種類か別ロットの突板を向きを変えて貼ることで木目のリピートを避けるという方法です。

突板は木を薄く(鰹節のように)削いで下地材に張り付ける材です。木目柄を印刷したプリント板とは違い木肌そのものはホンモノですが、1つの丸太から切り出された突板シートは木目が同じなので、広範囲に貼ると柄がリピートしたようになり、プリント板よりも逆に偽物っぽく仕上がります。最近はプリント技術が向上しているので余計にそう思うのかもしれません。

 

「突板の柄がリピートしているからこその偽物っぽさ」を回避するために、

  • 無垢材
  • 素敵な突板を使う
  • 突板のランダム貼りをする

の3つの方法を検討したのですが、我が家はランダム貼りを選ぶことになりました。

無垢材

無垢材をやめた理由は(以前にも書きましたが)鎌倉の湿気。家具屋さんから「やめたほうが良い」と断言されたので候補から脱落。

素敵な突板

突板

出典:Veneer Veneers

次に検討したのがこちら。

突板

出典:Veneer Veneers

およそ突板とは思えない、ナチュラルな木目が特徴的な突板です。Wow!

突板

出典:Veneer Veneers

無垢ではなく、自然素材の意匠を突板に活かした製品です。これなら湿気で無垢材をあきらめた我が家でも「天然木らしいキッチン」が手に入る!と思い、家具屋さん経由で見積もりを依頼しました。価格は普通の(リピートする)突板を0円とした場合で、+12万円。ちなみに無垢材の場合は+20万円でした。

ただ金額UPは別として、家具職人さんより「デザイン突板ではなく、ランダム貼りでやりたい」というメッセージをいただきました。というのもランダム貼りならある程度木目を指定して仕上げることができるけれども、このデザイン突板の場合は事前に木目を確認することができないのが不安だ、とのこと。

個人的には、樹種さえ指定できればあとはどんな木目であっても「それがナチュラルな姿」として受け入れることができるけどな…と思いますが、家具屋さんには家具屋さんなりのこだわりがある様子だったので諦めました。手仕事のものは職人さんの嫌がることはお願いしないほうが良い、と思っています。
でもこの突板をいいね!と言ってくださる職人さんだったら、金額UPには目をつぶって採用していたと思うのでちょっと残念。

突板ランダム貼り

そんなわけで選ばれたのが突板ランダム貼り。いろいろ調整が入り、価格はリピート突板の時と比べて+4万円で決着しました。当初無垢材と同じくらいの金額UPと言われていたので、あまりUPせずに実現できることになってよかったです。

番外編:藤編み

出典:nine
以前の投稿でも書いた、籐編みの引き出し案。ビジュアル的には超好み!ですが、家具屋さんからの一言

「引き出しに重たいものを入れないならOKです」

・・・無理です。ごめんなさい。

 

2017-12-22 by

2 のコメント

  1. 葉山で1/31に平屋の竣工を予定しておりますtake*ともうします。
    コメント欄がいままでわからず、初めてコメントを送らせていただきます。

    我が家はセミオーダーでaccaの無垢突板のキッチンにしました。
    https://www.accastyle.com/kitchen-1/オーダーキッチン-grayoak/

    いろいろと勉強させていただいております。
    今後ともよろしくお願いいたします!!

    take*
    1. take*さん
      コメントありがとうございます♡コメント欄、わかりづらかったですね。申し訳ありませんでした(汗)
      accaさんのキッチン、初めて知りました。無垢突板が私の理想にぴったりな節ありオークで羨ましい!!!葉山の緑に合いそうな素敵なキッチンですね~!
      水栓が標準でMGSなのも良いなぁ。。もう我が家はキッチン制作に入っているので変更できないのですが、うずうずと浮気心が…笑。
      拙いblogですが、こちらこそ今後もぜひよろしくお願いいたします!

      はる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)