白馬North Faceでベランダのアイディアをもらう

少し前に、長野県白馬村に今年の7月にできたばかりのNorth Faceに行ってきました。
日本で2軒目のTHE NORTH FACE GRAVITYというコンセプトショップで、アウトドアフィールドに隣接した場所で季節のスポーツを提案するお店だそうです。

お店の二階にはちょっとしたカフェスペースがあり、白馬三山を目の前にコーヒーが飲めるというのがウリだそうですが、実際は駐車場を挟んだ景色でちょっと残念な雰囲気…。
白馬North Face
景色はともかく、このベランダ部分の居心地がよく、ぼーっとするのに最適でした。
写真でもお分かりのように、奥行きは1mないくらいの狭いもの。ただ室内とゼロレベルでつながっているので、サッシを開放することで部屋の続きのような雰囲気に。

白馬North Face
居心地の良さの要因の一つとして、このように横壁に囲われていることもあげられるかもしれません。
この横壁があることで視線が抜けた先の解放感をUPさせつつ、安心感も与えているなと感じました。

室内から一続きの部屋のように見せるためには、室内とベランダを同系色の床材にすることが必須かと思っていたのですが、ご覧のようにここは室内がベージュ系のタイル貼りでベランダは木デッキ。素材は関係ないようです。
減額調整のあおりを受けて、我が家の2階のベランダの出が狭くなってしまったのを気にしていたのですが、こんな風に設えたら、奥行きのないベランダでも十分にリラックスできそうです。

2015-12-16 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)