浴室24H換気扇の選定

ずいぶん前に選定した内容ですが、blogに書いていなかったことを思い出したので記録として。
我が家は当初造作バスに憧れ、金額とカビ対策に恐れをなしてユニットバスに流れ、すったもんだの末に造作バスルームになりました。

そのため天井換気扇(24時間換気)も自分の好きなものを付けられるということで、あれこれ探してデザインの面から候補を2つに絞りました。

候補1.V-141BZ


出典:三菱電機

換気扇といえば!の三菱電機製、グッドデザイン賞受賞。豆腐のようなシンプルデザイン。我が家はガス乾燥機「はやい乾太くん」を設置予定なのでバスルームで洗濯物を乾かすことはなく、ごくごくシンプルな24時間換気があればそれでよい、と割り切ってのチョイスです。

主な機能はこちら。

主な機能・仕様・お掃除しやすいフラットパネル採用
・暖房・乾燥用PTCセラミックヒーター搭載
・ヒーターを使用しない「風乾燥」機能付
・換気風量強弱2段切換可能
・24時間換気機能付(弱運転対応)
・24時間換気一時停止機能つき(自動復帰)
・温度過昇防止用サーミスタ・ヒューズ内蔵
・低騒音設計
・最大8時間切タイマー
・コントロールスイッチ接続コード(有効長5m)

 

候補2.V-142BZL

出典:三菱電機

同じ三菱のバスカラットシリーズにもう一つ、こちらは副吸気口のついている2部屋対応タイプがあります。本体はバスルームに、副吸気口は洗面所に設置して24時間換気するというもの。先に挙げたV-141BZとの違いはこの吸気口数だけかと思ったら、よくよく見ると機能にも若干差がありました。

・衣類乾燥・浴室乾燥・暖房・涼風・換気の1台5役
・浴室と洗面所等の2室同時換気(暖房機能は浴室のみ)
・お掃除しやすいフラットパネル採用
・暖房・乾燥用PTCヒーター(1220W)
・ヒーターを使用しない「風乾燥」機能付
・循環ファンによる涼感効果(夏期)
・温度過昇防止用サーミスタ・ヒューズ付
・トイレ(外部)スイッチ遅延タイマー設定機能付
・24時間換気機能付(風量7段階切換可能)
・換気風量強(4段階)、弱切換可能
・浴室換気ダンパー
・低騒音設計
・最大12時間「入・切」タイマー

二機種の比較

公式サイトを見てもいまいちよくわからない二機種の機能の違いを一覧にまとめてみました。

V-141BZ V-142BZL
希望小売価格 98,000円 133,000円
実売価格  約44,000円(リモコン込み)  約60,000円
電源 AC DCブラシレス
 換気部屋数 1 2
 消費電力 乾燥 1200W
暖房(強) 1250W
換気(強) 26W
24時間換気 19W
乾燥(強) 1190W
暖房(強) 1230W
涼風 35W
換気(強4) 25W
24時間換気(7) 15W
 運転モード 暖房(強・弱)
乾燥(強・弱・風乾燥)
換気(強・弱)
24時間連続換気
暖房(強・弱)
乾燥(強・弱・風乾燥)
涼風
換気(強1~4・弱1~4)
24時間連続換気(1~7)

赤字にした部分が価格差(約16,000円)ということになります。

電源の差

電源がACかDCかは(機械的には)わりと重要な差で消費電力に直結します。と、いっても最近の機械ものは総じて省エネなので、AC電源のV-141BZでも消費電力は十分小さく、V-141BZで24時間換気を1か月間使用しても電気代は約356円です  1)  電気料金26円/kWh、1か月=30日として計算    。同条件でV-142BZLを運転した場合約280円。大した差ではないですね。

換気部屋数の差

換気口が1つか、2つ(メインとサブ)かという違い。
我が家の場合、洗面所の24時間換気として↓このパイプファンを取り付ける想定です、2部屋換気タイプを選ぶと不要になります。

出典:三菱電機

運転モードの差

V-142BZLだけにある“涼風”とは、取扱説明書によると

循環送風と換気をします(ヒーターは使用しません)。
夏場など浴室が蒸し暑くなったときに使用します。入浴後の湿気排出と浴室内の空気循環をさせることができます。

とのこと。つまり換気との差は「送風するか/しないか」ですが、うん、ずぼらな私は使わない未来しか見えない。

結論

あまり差がないない言いながら、我が家はV-142BZLを選びました。理由は価格。

工務店さんから提示された見積もりがV-141BZが¥69,800、V-142BZLが¥79,800。さらにV-142BZLを選んだ場合は洗面所のパイプファン(見積価格¥7,900)が1つ不要になるので実際の価格差は¥2,100になるので、それなら上位機種をという選択です。

ミス発覚

そんな経緯で機種の選択はずいぶん前に終えていたのですが、昨日ふと気付いたら、図面上も契約見積もり上も、洗面所のパイプファンが生き残っていて副吸気口の設置がありませんでした。慌てて建築家氏に連絡、修正してもらいました。明日にでも図面の製本に入るというタイミングだったので本当にギリギリセーフ!
建築家と工務店さんに任せっきりにしないで、ちゃんと図面と、設備機器の仕様と、見積もりを突き合わせて確認しないといけないな…。と思ったエピソードでした。

「図面製本後に軽微な変更(例:コンセント位置等)があることなんて普通だから赤を入れればいいんだ」と建築家氏はおっしゃるのですが、工務店さんが「製本後の図面を変更すると現場が混乱して間違える!!!変更、ダメぜったい!!!」と言うので、今回の変更は危ないところだった…。

References   [ + ]

1.   電気料金26円/kWh、1か月=30日として計算 
2017-11-17 by

2 のコメント

  1. こんばんは。
    連投すいません。

    拙宅も先日、浴室換気扇を選定するよう工務店から言われました。
    私が選んだのは、これ↓です。
    三菱電機 VD-10ZVC3
    https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/wink/ssl/displayProduct.do?pid=267564

    特に拘りがなかったのですが、条件的には、
    ◯ 三菱電機 or パナソニック
    ◯ DCブラシレスモーター
    ◯ タイマー機能
    でお願いしました。
    タイマー機能は後付です。
    タイマー機能を付けた弊害?で、換気切替(強弱設定)はできなくなり、常時「強」のみの仕様になりました。
    うーん、チープ(_ _;)

    浴室乾燥機は、最初こそリンナイ製「ミストサウナ」でお願いしていたのですが、
    ◯ ミストサウナ欲しいけど、そんな毎晩使うかなぁ…。
    ◯ 高断熱高気密住宅だから、浴室暖房要らないかなぁ…。
    ◯ ガス衣類乾燥機あるから、きっと浴室乾燥要らないなぁ…。
    ということで、コスト削減でコレになりました(^o^;

    ミストサウナを諦める替わりに、給湯器(エコジョーズ)はマイクロバブルにしました。
    http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/mb.html

    どっちが良かったのか、建ってみないと分かりません。
    はるさん邸の「涼風」機能、きっと夏は快適だと思います!

    ほたろう
    1. ほたろうさん
      タイマー機能を後付けすると、換気切り替えできないって不思議ですね!
      強弱あっても強でしか使わない私みたいな人間が多いのかもしれません(笑)
      マイクロバブルいいらしいですよ~。我が家も、浴槽側でマイクロバブルにできるタイプの浴槽を建築家氏に勧められました。
      大した理由もなく断っちゃったんですが(笑)、建築家氏は「温まり方が全然違う!!」とおすすめしてました♡

      はる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)