エコワンにタンク容量160Lモデル登場

エコワン

エコワンとは、リンナイが販売しているヒートポンプと高効率ガス湯沸かし器エコジョーズを組み合わせた給湯設備の商品名です。
我が家は今の住まいでエコワン100Lを風呂給湯にのみ使用しています。

実際に使用してみて、エコワンの省エネ性、モノとしての有用性については疑いは持っていません。
ただ新規導入しようと思うと本体価格が高くてエコジョーズ導入時との価格差がランニングコストで埋められない点と、娘と私の二人暮らしでほぼお風呂での使用でも100Lでは足りない場面も多くあるという点に若干不満がありました。

とはいえ家づくりを始めてから時間もたちエコワンの価格も結構こなれてきたこと、そして我が家の場合では今の住まいに3台エコワンを導入した実績を考慮して同じガス屋さんがエコワンダブルハイブリッドをずいぶん頑張った金額で見積提示してくれたことにより、新居ではエコワンダブルハイブリッド100Lの採用を決定していました。

と、ここにきて、エコワンシングルハイブリッド160Lが8月に発売されていたことを知りました。エコワン導入を決定して以来、リンナイのニュースリリースをフォローするのを怠っていた…!

ニュースリリースにある

業界最高の給湯一次エネルギー効率156%※1を実現

というのはヒートポンプの効率をあげたわけではなく、単純に給湯タンクの容量を増やしたことによる見かけ上の効率UPです。エコワンの給湯性能の効率はほぼすべてヒートポンプに担保されていますから「ヒートポンプでどれだけお湯を作れるか」が効率と≒になります。その点だけを追求するとエコキュートが最も高効率であることになりますが、エコキュートには「お湯切れ」(タンク内のお湯を使い切ってしまうとすぐにお湯が出せない)という最大の敵が存在しますし、そもそもエコキュートの導入はオール電化住宅にすることが大前提なので、実用性を加味するとエコワンとエコキュートの効率は同じ土俵では語れません。

上述の通り我が家では娘と私の二人暮らしで、必ず二人そろってお風呂に入り、エコワンのお湯はお風呂でしか使わないという条件でありながら100Lでは足りない場面が多くあって  1)  お湯使いすぎ?    、エコジョーズに切り替わって運転されるたびに口惜しく思っていましたので、タンク容量が160Lになるなら願ったりかなったり!

100Lとの価格差もそれほどなかったので早速変更してもらいました。
ダブルハイブリッドの160Lも2018年2月発売予定だそうです。

出典:リンナイ

 

References   [ + ]

1.   お湯使いすぎ? 
2017-11-06 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)