artekの“シエナ”みたいなタイル

artek(アルテック)を代表するSiena(シエナ)は超・超ロングセラーのファブリックですね。布だけ見ていたときはなんてことのないデザインで面白みがないかな?と思っていたのですが、以前に国連大学で時々開催される北欧マーケットに行った際、ショップさんが黄色のシエナを大きなテーブルにクロスとしてかけているのを見て以来ファンになりました。

出典:Scope
ちょうどこんな感じ。このシンプルなデザインは生活の中にあってこそ映えるんだなと強く印象に残りました。

我が家は1Fトイレの手洗い場と2F洗面にタイルを使います。遊び心的な意匠をまったくいれていない我が家の設計ですが、ここのタイルだけはモザイクタイルで少し色気を出そうかな、と思ってタイルを探していたときに目に留まったのがホテリアアルトのこの写真。

出典:ホテリアアルト

コーヒーメーカーが置いてあるミニキッチン的なところの壁。あ、シエナっぽい!と思いました。

ホテリアアルトは企業の保養所だった建物を地場工務店さんが買い取り、益子義弘さん設計でリノベーションしたホテル。名前の通り北欧デザインを意識しつつ地場木材を使用していて、自然な「和と北欧」の融合が素晴らしいと評価されています。建築家諸氏が口をそろえて「空気感が素晴らしい」「教科書のような無駄のない設計」と褒めそやしているのでいつか行ってみたい!と思っているのですが、子連れNGの宿  1)  最近子連れOKのロッジがオープンしましたがホテル棟とは結構離れているのでやっぱりこのホテルに泊まってみたいなー    なので訪問できるのはまだまだ先かな。

ボーダータイルはモザイクタイルの中でもかなり地味目な存在なので、私の中では無難な選択肢扱いしてしまっていたフシがあったのですが、シエナと同じ、と思うとがぜん興味がわきました。シエナが無造作にかけられたテーブルの生き生きとした表情を思い出して、我が家の壁タイルもボーダーモザイクに決めたのでした。

我が家はバスルームの床タイルとメーカーを合せてマリストのチャコールチップ。

スケッチアップでモデリングするとこんな感じ。我が家は縦貼りの予定です。シエナのように、地味だけど/地味だからこその良い雰囲気、が出ればいいなと思います。

出典:ダントー

ちなみにホテリアアルトで使われているタイルはダントーという会社の花椒モザイク(出典:建築知識ビルダーズ)
このダントーという会社を知らなかったのですが、製品写真を見てみると、価格も全体的にリーズナブルだし、スタンダードなデザイン・カラーのタイルをまじめに作っていますといった雰囲気が伝わってきて、地味好きとしては好印象でした。

ホテリアアルトについて特集されていたので買った建築知識ビルダーズ。このミニキッチンのタイルについて、リオタデザインの関本竜太さんも「シエナのような」と書かれていました。北欧マニアの建築家さんと意見が合ったのがちょっと嬉しい。

References   [ + ]

1.  最近子連れOKのロッジがオープンしましたがホテル棟とは結構離れているのでやっぱりこのホテルに泊まってみたいなー  
2017-09-08 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)