雑誌nice thingsの男性版“CONTEXT”

『nice things』という雑誌が好きで毎号読んでいます。号によって取り上げられているテーマは違いますが、どの記事もすごく丁寧に書かれていて、雑誌のつくり手と、インタビューされる側の人がちゃんと向き合っているのが伝わってくる、気持ちのいい雑誌です。雑誌によってはinstagramやblogの内容をそのまま取り上げたような、お手軽記事がいっぱいのものもあって、最近のそういうメディアの在り方を疑問に思っているので、この雑誌に出会ったときには感動すらしました。

nice thingsはジャンルとしては『天然生活』とか『クウネル』とか『&Premium』あたりと同じグループにカテゴライズされる感じ。つまり女性誌です。だから、というわけでもないと思いますが、時々雑誌のテイストが私の好みより甘めだなぁと思うこともままありました。そんな私の心の声が届いたのか  1)  そんなことはない    、nice thingsの男性版ともいえる雑誌『CONTEXT』が出版されました。

記念すべき第一号のサブタイトルはこちら。

自分らしい仕事をして、
自分らしい場所で、
自分らしい住まいで、
自分らしい道具と、
暮らす。

掲載されているのお宅はみんな大好き、Truckの黄瀬さん、LIFEの相場正一郎さん、建築家谷尻誠さんなどなどのご自宅。メディア露出が多いお宅なので目新しさはありませんが、適度な生活感とその人らしさで満たされている空間は他人の目から見ても心地よく。

私は家づくり中、「設計段階でしかできないから!」とあれこれシミュレーションを重ねて細部まで作りこんでしまおうと視野が狭くなってしまいがちなのですが、ときどき「本当の心地よさ」について立ち止まって考えるきっかけを得るのは大切だなーと感じました。
nice thingsとあわせてCONTEXT、オススメです。

References   [ + ]

1.  そんなことはない  
2017-08-05 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)