ガデリウスの断熱玄関ドアに新シリーズ登場らしい

木質ドア、木製サッシュで有名なガデリウスから8月に新しい玄関ドアが発売されるそうです。

住宅の高断熱・高気密化をはかりたい際に玄関ドアは重要なポイント。とはいえ断熱性能だけではなく見た目にもこだわりたいし…と思うと、なかなかこれだというものが見つからなくて、かといって製作するには予算が…という場合の力強い味方がガデリウス。

ガルバリウム鋼板と木質合板でウレタンをサンドイッチしてその上に無垢材を張るという構造なので、見た目は完全に無垢の木ドア。それでいて熱貫流率は0.943W/(㎡/K)、価格も工務店さん値引後40万円弱くらいと、いろいろ優しいドアです。かくいう我が家もこのドアを採用予定。

今度発売されるドアは何が新しいかというと、ドアに貼り付ける無垢材を好きな木材に加工(現場施工)できるという点。いままでのラインナップにはチークかオークしかなく、外壁に例えば杉を使ったお宅などでは色味の違いや、和風に洋風のミスマッチなどの点で取り入れづらかったのが改善される、ということだそう。

これは良い改善!

我が家も二階の天井に木の羽目板を使うので、玄関ドアと意匠を揃えると良い感じになるな、と想像しています。
玄関ドアは家の顔なのでこだわりたいところ。木ドアはメンテナンスが大変なので、デザインだけでいえばLixil DDサンワカンパニーのスペイリーも好きなのですが、いずれも断熱性能が平成25年省エネ基準のH-3相当、3.49W/(㎡/K)とガデリウスには遠く及ばず。
また我が家は外壁が黒ガルバなので、木々のある土地に建物をなじませるためにも木ドアが良いね、ということで建築家氏と意見一致でガデリウスを選びました。

このカスタマイズできる玄関ドア、2017年8月から販売開始だそうです。

新デザイン玄関ドアカタログ

2017-06-27 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)