スイッチは低い位置に取り付ける

出典:Panasonic

家づくりを始める当初から「スイッチの高さは低くしたい」と希望していました。

通常、宅内のスイッチはスイッチプレートの中心が高さ120cmのところに設置されます。最近はユニバーサルデザインで少し低めの90~100cmにする事も多いようですが、我が家はもっと低くして、スイッチプレートの上端を100cmにすることにしました。

理由は使いやすさではなくて、立って歩くときの視界にスイッチプレートを入れたくなかったのです。これだけで視界が広く感じられて、縦方向に広がりが出ます。

先日宿泊したホテルでも、背の高い家具がないおかげで部屋の重心が低くなり、落ち着き感と広がりを演出していました。

建築家氏が保育園の設計をした際、子供たちの手の届かない高い位置にスイッチ類をとりつけたら視界が鬱陶しくて落ち着けなかった、というこぼれ話も。
保育園は安全第一ですから当然の対応ですが、自宅では出来るだけ視界に余計なものが入らないようにすると、気持ちの良い空間が出来るように思います。

2017-08-15 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)