今月号のModern Livingはキッチン特集

毎号、ため息が出るほどの豪邸がずらりと並ぶインテリア雑誌Modern Living。今月号はキッチン特集です。
豪邸のキッチンはパッと見にはシンプルですが、家づくりの視点でよくよく見ると設備も器具も面材も超豪華仕様でため息が漏れます。
と、いつも完全に目の保養のための本誌ですが、家づくりの(実務的な)参考になる点もいくつかあるので毎号欠かさず読んでいます。

 

今号に掲載されたキッチンを眺めていて思ったのは、床材としてタイルやモルタルを取り入れるお宅が増えたな、ということ。少し前までは室内の床と言えばフローリング!だったと思うのですが、特に今回取り上げられたお宅のキッチンの床は、半数以上がタイルかモルタルのように思います。

間取り上の制約があったり、冬の寒さが障ったり、裸足でタイルというのがそもそもいやだったり…と、なかなか踏み切れないタイル貼り。でもキッチンは水や油で汚れる場所ですから、フローリングよりもタイルの方が素材として向いているのは当然だし、何よりタイルのある風景はきりっとしていて空気が違います。憧れる!

そのほか気になったのは有元葉子さんの新しい住まいのキッチン。

出典:八木建築研究所

有元さんのキッチンと言えばこの野尻湖の薪オーブンが有名ですが、今回掲載されていたのは都心のマンションをリノベーションしたお住まいということでぐっと現実的でした。

我が家のキッチンは家具屋さんによる造作で床はフローリングに決まりましたが、美しいキッチンは見るだけで心が躍ります。

 

 

2017-06-08 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)