バスルーム・洗面所のタイルイメージ

タイル割りに悩んでいるというお話の続きで、バスルームのタイルイメージの話。

出典:Design-Milk

もともとユニットバスでいいや、と思っていたのに、やっぱり造作がいい!!!となったきっかけは↑この写真でした。コンパクトで美しいバスルーム。色使いも素材の選び方も、好みど真ん中。

出典:Homedesign

そのあと、理想のバスルームの画像を探してネットの海を探し回りまわって、気に入った画像を集めてイメージを固めていきました。

出典:The Fillmore Gallery

出典:Archdaily

出典:digs design

この作業でホワイトとブラックのモノトーンの組み合わせにすることがすんなりと決定しましたが、壁を全面白にするか?一面だけ黒にするか?で建築家氏と意見が分かれました。
私はアクセントウォールとして黒いタイルを貼ってもいいな、と思ったのですが、建築家氏からは(珍しく)強く反対されました。
かといって、狭いバスルームの壁全面を黒くしてしまうと狭苦しくなってしまうし・・・。というわけで、ぐるっと回って最初のイメージ通り、壁は真っ白・床は黒という組み合わせに落ち着くことになりました。

あとは床・壁それぞれイメージ通りのタイルを探すだけ。だけ、なのですが・・・。

2017-05-24 by

2 のコメント

  1. はるさんの好みのバスルーム、本当に素敵ですね‼︎
    バスルームは汚れがわかりやすいように白で広めがいいと思っていましたが、
    このコンパクトな浴室は居心地良さそうですね〜♡
    ユニットバスにはない魅力が詰め込まれているし、無駄な棚がないところもツボです☆
    どんぴしゃなタイルが見つかることを祈っています☆

    kyoko
    1. kyokoさん
      建築家氏によると、床を黒くすると壁の白タイルの質感が浮きやすいらしく、タイル選びは慎重にせねばならん!とのことでした。
      さんざんああだこうだと見積の調整をして、ようやく(ぎりぎり!)お迎えできる在来浴室なので、ベストオブベストを狙うために、タイル難民頑張ります…!

      はる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)