省エネ給湯器を考える

新築にあたり省エネ給湯器を導入しようと思っているのですが、いろいろ商品名があり、いまいちその差が(価格も含む)わからなかったので調べてみました。

省エネ給湯機の種類

エネファーム エコウィル エコジョーズ エコキュート エコワン
動力 ガス ガス ガス 電気 ガス/電気
システム  燃料電池コジェネ ガス発電給湯暖房システム 潜熱回収型ガス給湯器 ヒートポンプ式電気給湯機 エコジョーズ内臓ヒートポンプ式給湯器
発電機能 あり あり なし なし なし
停電時発電  可
(機種限定
 –  –
販売価格  180万 90万 25万 60万 75万

エネファーム

ガスに含まれる水素と酸素の化学反応によって電気を作り、その際の排熱でお湯を沸かすシステム。発電という目的では最もクリーンな方法なのだけど、とにかく本体価格が高いのがネック。
エネファームを導入している家庭にはガス代に割引が適用される(らしい)。
ただ、ガス温水式床暖房への給湯時には発電しない(床暖房への温水供給は本体ではなくバックアップ給湯器が担当するため)ので要注意。なぜなのか?の理由が知りたいのだけどどこにも書いていなかった。

https://home.tokyo-gas.co.jp/enefarm_special/enefarm/structure_detail.html

https://home.tokyo-gas.co.jp/enefarm_special/enefarm/structure_detail.html
出典:https://home.tokyo-gas.co.jp/enefarm_special/enefarm/structure_detail.html

エコウィル

ガスエンジンによるコジェネレーション(発電&給湯)システム。要するに自動車用のガスエンジンが発電するときに出す排熱でお湯も沸かす、というシステム。
ただし、タンクにお湯がいっぱいになったら運転を停止するとのこと。あくまで「給湯するついでに発電する」仕組み。ちなみにバックアップ熱源はエコジョーズが内臓されているそう。

エコジョーズ

従来型のガス給湯器の効率アップバージョン。今まで捨てていた排熱を再利用することで熱効率をあげたもの。給湯タンクを有しないので(瞬間湯沸かし器ですから。)その他の機器ほど設置に場所を必要とせず、価格も一番安く、工事も簡単というのが魅力。
またタンクにお湯を貯め置きしないので清潔、という考え方も。

エコキュート

唯一の動力が電気の製品。動力は電気ですが、電気でお湯を沸かしているわけではなく、水→お湯にするシステムはヒートポンプによって大気熱(要するに外気)を冷媒を介して圧縮させることで高温にし、タンクにためられた水をお湯に変える仕組み。夜間電力を使用することで電気代を安く抑えることができるのが一番のウリ。オール電化に対応している唯一のエコ給湯器。

エコワン

電気駆動のヒートポンプ式給湯器(≒エコキュート)と潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)を組み合わせたハイブリッド給湯器。給湯タンクにためているお湯が足りなくなったらガス(エコジョーズ)でお湯を沸かすのでお湯切れの心配はない。

基本的な違い

大きな違いは発電するかしないか動力がガスか電気かです。

発電機能は必要か?

エネファームとエコウィルには発電機能がついています。この2機種は停電時でも駆動可能なため、災害等あった際のバックアップ発電機として使用することが可能です。
また日常生活で使用する電力の一部を賄うことができます。ただし、「どれくらい足しになるのか?」は慎重な判断が必要そう…。
ガス会社の広告では「ご家庭の年間電気使用量のおよそ5割程度をまかないます」とありますが、その削減された電気代と、5割賄うために使用されるガス代を比較しつつ、本体価格が償却できるのかどうかを計算する必要があります。

動力はガス・電気どちらがいいのか?

これは半分好みの問題になるのかな。熱力学的に考えれば電気の方が効率がいいですが、これに単価をかけるとどっちが得か?は計算する必要があります。

また、今は一般的にカロリーあたりの単価は電気<ガスですが、2016年の電力自由化でガス会社も電気を販売するようになった場合、例えば電気とガスを両方東京電力で契約したらガス特別価格が設定されるといったようなプランの出現(これは多いに予想される)で、単純に「ガスは高い!」とはならない気配も。。

結局どれがいいのか?

どれもメリットをうたいつつも、同じ条件下での効率やコストを比較した数字が出てこないので、なんとも比較しづらいのが実情でした。
単純に「1リットル・0℃のお水を沸かす際に最も省エネルギーなのはどの機械か?」であれば比較しやすそうですが、これにガス・電気の単価と、さらに本体価格が償却できるのか?の問題が加わってくると話はややこしくなります。
初期投資だとか減価償却だとかそんなことを考えずに「地球のためにお金を払います!」って言い切れたらかっこいいのにね(苦笑)。庶民はなかなかそこまで手(お金)が回りません。。。

エネファームが第一候補だったけど…

個人的にはエネファームを導入する気まんまんだったのだけど、思った以上に発電能力が低かったので、10年で本体を交換orメンテナンスする必要があるとなると、果たして初期投資が回収できるのか?が謎。
2016年の電力自由化によるガス会社・電気会社それぞれの動向も気になるし、マシンとしてエネファームはまだまだ改良の余地がありそうなので時期尚早という気もします(発売当初よりずいぶん価格はこなれてきたみたいだけど)。

エコウィルは劣化が心配

ガスエンジン関係の仕事をしているので詳しい人に聞いたところ「経年劣化(ノック頻度や潤滑油残渣による悪影響)が気になる」というお返事。ガスエンジンなので発電効率が下がれば熱発生量が上がるので、それを限界まで回収できるなら全体としてみた効率は10年間トータルで見たらとんとんになりそうだけど、それにしては本体価格が高いよねぇ。という結論。

ガスが使いたいのでエコキュートは対象外

原発炉再稼働はしてほしくない派なのでオール電化は問題外。となるとエコキュートは選択肢に入ってこない。

ガスも電気も、のエコワンが安心?

ヒートポンプの良さを認めつつもガスも使いたい人にはエコワンが有力候補になると思うのですが、まだまだ本体価格が高い。エネファームやエコキュートのように補助金制度が充実してきたらアリだと思うけど、これも初期投資を回収したいと思うと微妙な選択。

とりあえずのエコジョーズ

現段階(2015年)では、という但し書きつきでこの結果に落ち着きました。
エコジョーズはほかの4機種の対抗馬というよりも「ガス湯沸かし器をつけるとしたらちょっと予算を足してエコジョーズ」的な存在なので、省エネ給湯器を選ぼう!!という目的からすると尻すぼみ的な結果になりました…(苦笑)。

このテの設備や機械が大好きなので、自己満足のためにも何か導入したいと思うのですが、どの機械も時期尚早感が否めず。残念です。

ただ、我が家の竣工予定は2017年の末か、最悪2018年はじめ。
それまでにガス・電力事情や、補助金制度などが今とは変わっていることを期待しつつ、時期を待つことにしたいと思います。

って、簡単に言えばエネファームがもっと安くなれば!ってこと。

追記

エコワンにタンク容量160Lモデル登場

エコワンとは、リンナイが販売しているヒートポンプと高効率ガス湯沸かし器エコジョーズを組み合わせた給湯設備の商品名です。 我が家は今の住まいでエコワン100Lを風呂給湯にのみ使用しています。 リンナイ Eco oneの音が …

後日、エコワンに大容量タンクタイプが発売されて効率がUPしたことと値段が落ち着いたため我が家はエコワンを採用しました。

2015-11-13 by

3 のコメント

    1. kingswingさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      いまのところ、エコジョーズ以外の選択肢はあまり合理的でないように思いますね…。
      先端機器(笑)好きなのでなんとなく悔しいのですが。。

      いつもブログ拝見していました。いろいろ参考にさせていただいています!

      はる
  1. ピンバック: リンナイ Eco oneの音が気になる | 建築家と建てる・鎌倉で建てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)