キッチンの引き出しの深さについて

工務店さんから清算見積もりが出ないまま足踏みした状態が続いている我が家の建築計画。そんななか、キッチンのバックカウンター側の引き出しの深さを決めるべく、家中の食器の大きさを測りまくっていました。

我が家のキッチンは二列型。コンロ側のカウンターの一部を食器棚にしようと思っています。

s-161019_1

我が家は造作キッチンの予定なので、引き出しの深さや杯数まですべて自由に決められます。ただ、自由に決めてよいと言われてもなかなか難しい。
いまあるモノ以外モノが増えないわけでもなく、今現在の「使いやすい」がずっと自分にとって「使いやすい」かどうかはわからない・・・。

そのため、あまりきっちりと決め込むのではなく、ある程度の余裕を持たせながら使いやすいサイズを模索してみました。

という中で、出した結論は。

我が家は食器の種類は多いですが、1種類につき多くても4枚・4客程度しかないので、浅型引き出しが何杯もあったほうが便利です。その点を念頭に、主だったカップや椀、お皿を重ねておいた場合などに対応できるサイズ(有効内寸高)は

8cmと13cm

でした。限りなく限定的な数字ですが、かなり優秀な計測結果なのではと自画自賛しています(笑)。

具体例:8cm

8cmはカトラリー用にちょうどいいサイズ。
s-muji出典:無印良品
無印のこのような収納を使ってきれいに整理できます。
またプレートもいわゆるパンプレートなら6枚まで重ねられました。

s-oxymoron

出典:イイホシユミコポーセリン

大好きなイイホシユミコさんのOxymoronシリーズの、椀もOK。

s-im出典:scope

蕎麦猪口にもいいサイズ。飯椀も大丈夫そうです。

具体例:13cm

13cmの深さの引き出しであれば、日常使いしているDuralexのピカルディ360ccがすっぽり入りますし

イッタラのオリゴ250mlは2つスタッキング可能。

一般的なサイズのティーカップ&ソーサーなら、2セット重ねて置いておくことができます。

dsc_0106

出典:うつわSouSou

また、織部の足つきの鉢も大丈夫でした(↑の大沼道行さんの織部の鉢、すごく使いやすいのです)。

大皿は立てて収納

s-0873

出典:Creare

大皿は1種類につき1枚ずつしか持っていないので、この写真のように仕切りを作った引き出しに立てます。

下の写真のような、複数枚のお皿を立てて収納するツールも販売されていますが、個人的には小皿は寝かせてしまっておいたほうが使いやすいので、立てるのは大皿だけにする予定。

s-tower_dishrack_01

出典:暮らしR

唯一?にして最大の問題点は…

我ながらほれぼれするような数値が求められて、食器収納の問題解決は完璧!と思っていたのですが、唯一にして最大の問題点がありました。

それは

ワイングラスが収まらない

ということ。どうせ大したグラスを持っているわけではないのですが…

wineglasshanging

吊るすしかないのか?

 

 

 

2016-10-19 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)