arflexでソファの組み合わせを相談してきた

s-160904_7

arflexの東京ショールームが新しくなったので、広尾まで行ってきました。以前に蔦屋家電のarflexでomnioに座って以来、そのしっとりと吸い付くような座り心地が忘れられずにいたのでした。

s-160904_8

大きな布サンプルで色合わせを確かめます。ominioは組み合わせの妙を楽しむべきソファなので複数色の張地を使うのが良さを活かせると思います。一部をファブリック、一部を皮にするのが組み合わせとしてはベストですが、その場合は金額が跳ね上がるので庶民にはなかなか…(涙)

この日は張地のサンプルをもらって終了。組み合わせが決めきれず、結局翌日に玉川のショールームを訪問しました。

s-160904_9

玉川ショールームは最初にomnioを見て気に入ったお店。ここで以前も担当してくださった女性スタッフの方がとても感じが良く、またこちらの言いたいことをくみ取ってくださる能力が高くて彼女に相談してみたかったのです。

s-160904_4

ソファを置きたい1階の間取り図を持参したところ、写真のようなフィルム式の模型で組み合わせを検討してくださいます。と、いっても、私が「omnioの良さをいかすために、普通のソファに見えるような組み合わせは避けたい」と言っただけで、一発で「これがいい!」と思える組み合わせを提案してくれました。リビングダイニングの空間に対してぴったりなサイズ感。ほかのソファでは実現できないフォルム。素晴らしいです。

omnio_c2

出典:arflex

上の写真の左半分にオットマンがプラスされたもので提案を受けました。omnioは↑写真のように、背もたれ部分とシート部分を違う布で張り分けることもできるとのこと。

ちょっと「普通じゃない」雰囲気のソファを探している場合、組み合わせで雰囲気が変えられるモジュラーソファーは使い勝手がよさそうです。

2016-09-05 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)