Standard Trade.渡邊さんの自宅が良かった

男前インテリアを作るにはコレ的な存在のStandard Trade.の家具たち。
代表の渡邊さんのご自宅写真が載っていると聞いて、Brutusを古本で買ってみました。

BRUTUS (ブルータス) 2011年 5/15号

本当に生活しているの?
というくらい、そっけない室内。The デキる男の住まい!という体。かっこいいなー。

s-house01_block_bg_8 s-watanabe s-house01_block_bg_5 s-house01_block_bg_4出典:Standard Trade.

LDKの床はヘリンボーン。ヘリンボーン熱がさらに上がります。
ちなみに、Brutus掲載の写真と同じお宅がStandard Trade.のwebpageにある納品実例の01にありました。これがご自宅だったのか。
Brutus買う必要なかったかも…

同じBrutusに『小さな家で楽しむスタイルのある暮らし』にも載っていた、飯塚豊さんの善福寺の家も載っていました。あまりに何度もいろんな本で見かけるので、また会ったね、という感じ。
s-_IGP2595出典:i+i設計事務所

偶然なのか、このお宅はメディア露出度が高い家だと定義するか、
この路線が自分の進むべき道であるという啓示とするか。

2016-04-29 by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)